ネクプロ活用事例

case

サイコム・ブレインズ・ラーニングメディア株式会社

リアル研修のシーンで、学習の効果を最大限に引き出すサービスをご提供

リアル研修に、映像コンテンツとネクプロのデジタルコミュニケーションツールを組み合わせて、学習の効果を最大限に引き出すサービスをご提供されています。

cicom_brains

代表取締役社長

川口泰司様

聞き手:
株式会社ネクプロ ディレクター

竹下 夢子

加藤 朗子

Kawaguchi_Yasushisama

ネクプロを導入した背景


  • 竹下

    ネクプロを導入頂いた背景を教えてください。


    川口

    うちは研修サービスをやっているのですが、映像コンテンツを使うケースが非常に増えてきていて、映像を配信するための仕組みが必要になってきました。
    最近出ている色々な仕組みを検討するなかで、我々がやりたいのは、研修ポータルを作りたいということがありました。
    そのポータルを作るとか様々な意味で機能を合わせていくことを考えると、ネクプロのシステムというのが非常に洗練されている部分があるのと、長いこと映像配信の経験をお持ちになってらっしゃるというところにひとつ信頼感があって、この仕組みにしようかなということに決めました。

arrow

リアル研修と映像配信を組み合わせたサービス設計


    竹下
  • ネクプロはどのようなシーンで活用して頂いていますか。
  • 川口
  • 研修とのセットで映像を使うことが多いので、例えば事前学習用にポータルにアクセスをして頂いて、最初にその映像で学習をして頂いてから、受講者の方が研修に来られる、というような流れで使うことが殆どです。
    具体的なサービス設計は、・・・
  • 続きは動画で!

    竹下
  • ネクプロを導入したことで、変わったことがあれば教えてください。
  • 川口  そうですね・・・

    続きは動画で!

arrow

ネクプロ導入の効果


nexpro_introduction

    加藤
  • ネクプロを導入して効率が良くなったということはありますか 。
  • 川口
  • 研修サービスにしても、eラーニングにしても、運用が重要な要素になってきます。手間がかかる、時間がかかる、コストがかかるという要素でもありますが、ネクプロの管理画面が非常に使いやすくできているところがあって、もちろん慣れは必要ではありますが、かなり業務の効率があがってくるというメリットが感じられると思っています。

arrow

求められる高いシステム耐性に対応


    加藤
  • システム面での要求はどのようなものがありましたか。
  • 川口
  • 我々がやっているものとしては基本的にグローバル時代に必要なスキルを身につけるマネジメント向けの研修だったりリーダーシップ研修だったり、英語だったり、そういうものが多いので、コンテンツとしてはそういうものになります。
    そういう意味でいうと、1つの教材自体が5時間とか、長い物で10時間とか、どうしても長くなりがちです。そういう意味でもシステムの耐性が必要になるのですが、そういう面でも安心できるのかなというところはあります。

high_system

arrow

お客様からの反応


customer_response

    加藤
  • ユーザーからの反応はいかがですか。ネクプロで講座を提供して頂いていますが、それに対してどのようなフィードバックがありますか。
  • 川口
  • お客さんの反応としては、使いやすいという話がけっこうあります。よくある動画サイトはYouTubeのようなインターフェースだったりしますが、どちらかというとeラーニングに近い形の仕組みなので、非常に使いやすい、画面も分かりやすいという反響はよく頂いています。
    あとはモバイルデバイスアプリについてですが、お客様からは非常に期待をされているという面が有ります。
    加藤
  • どのような点で期待をされているのでしょうか。
  • 川口
  • アプリ化によって、動画を見ることに対するストレスが低減されるというか。学習者の方からみると、スマートフォンやタブレットを使えるというのは自分の手に馴染んだデバイスでもあるので、これが使えるというのは非常にメリットが大きい、という反響はありますね。

arrow

次なるサービス展開


    加藤
  • 今後のサービス展開はどのようにお考えですか。
  • 川口
  • 基本的には法人ユーザーを中心としているのですが、我々としては個人の方も対象に考えていきたいと思っています。また、グローバル展開や、さらなる効率化も考えています。

service_deployment

arrow

今後のネクプロに期待すること


expect_nexpro

    竹下
  • 今後のネクプロに期待することを教えてください。
  • 川口
  • 我々としては、個人向けへの展開、グローバル展開、さらなる効率化など、いろいろやりたいことがあります。ネクプロには、色々な要望に的確に応えてくれる、タイムリーに応えてくれるという経験をさせてもらっているので、今後も変わらず提供してほしいと思っています。褒めすぎですね(笑)。
  • 加藤
  • いえいえ、お褒めいただきまして大変ありがとうございます。サポートの対応などはいかがですか。ご要望はありますか。
  • 川口
  • 定型のサポートだけではなく、我々として色々と無茶ぶりをするのですが、それらに対しても基本的にNoと言わない。Yes I can ということで対応して頂いているので非常に感謝しているところです。

Yes I can ということで対応していただいているので

非常に感謝しているところです。

    竹下
  • 最後に、ネクプロの社員に対してどのような印象をお持ちですか。

    川口

    いつも、明るくて元気だなと思っています。日本だけではなく、ミャンマーの事務所にも伺いましたが、ミャンマーの社員の方々も元気で明るくて、同じ社風がグローバルに展開できるのだなと素直に驚きを感じました。